[ニュース]

ビデオカメラの撮影画像から路面のわだちやひび割れを検出、福田道路とNECが深層学習を応用したシステムを開発

2017/01/31
(火)
SmartGridニューズレター編集部

福田道路とNECは、ビデオカメラで撮影した画像から、路面の「わだち掘れ」と「ひび割れ」を検出するシステムを開発したと発表した。

福田道路とNECは2017年1月31日、ビデオカメラで撮影した画像から、路面の「わだち掘れ」と「ひび割れ」を検出するシステムを開発したと発表した。ディープラーニング(深層学習)を応用して、一般的なビデオカメラで撮影した画像から検出するシステムを開発した。

図 わだち掘れ(左)と、ひび割れ(右)を検出したところのイメージ

図 わだち掘れ(左)と、ひび割れ(右)を検出したところのイメージ

出所 NEC

ビデオカメラを取り付けた自動車から路面の撮影を続け、撮影後の記録をディープラーニングで分析することで、路面のわだち掘れとひび割れを検出し、GPSの情報を組み合わせることで、発生箇所を地図上に表示することもできる。

図 今回開発したシステムで、路面に異常があると検知したところを空撮画像に重ねて表示したところ

図 今回開発したシステムで、路面に異常があると検知したところを空撮画像に重ねて表示したところ

出所 NEC

福田道路とNECはこのシステムを利用した実証実験として、一般道を撮影して分析した。その結果、専門技術者の目視点検と同等の精度で路面の異常を検出できることを確認したとしている。今後さらに、実証実験を繰り返して、データを公表することを予定しているという。

福田道路とNECはこのシステムを2017年度中をめどに実用化することを目指している。さらに、このシステムを活用した路面状態の検知に限らず、道路の補修計画策定、補修工事の実施、その後の評価までの一連の工程にディープラーニングを活用することを検討している。


■リンク
福田道路
NEC

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...