[ニュース]

Wi-SUNでスマートメーターと通信する超小型ホームゲートウェイ、4月発売へ

2017/03/07
(火)
SmartGridニューズレター編集部

台湾NextDriveの日本法人は、超小型ホームゲートウェイ「NextDrive Wi-SUN Cube」の日本国内での販売を4月に開始する。

台湾NextDriveの日本法人は、超小型ホームゲートウェイ「NextDrive Wi-SUN Cube」の日本国内での販売を4月に開始する。このゲートウェイ向けに通信モジュールを提供しているロームが2017年3月6日に明らかにした。NextDrive日本法人も電話取材で4月発売を認めた。

「NextDrive Wi-SUN Cube」は、NextDriveが現在販売している「NextDrive Cube」を基にしたもの。NextDrive Cubeは外形寸法47×47×38mmのキューブ型の機器で、電源コンセントにそのまま挿し込めるようになっている。IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN通信機能とBluetooth 4.0の通信機能を備えるほか、USB挿し込み口を1つ備えている。オプションのセンサー機器が送ってくるデータをインターネット経由でクラウドに送信する機能を備える。

NextDrive社は、NextDrive Cubeのオプションとして、振動や移動を検知する「NextDrive Motion Pixi」と、周囲の温湿度を検知する「NextDrive Thermo Pixi」を販売している。それぞれBluetooth通信機能を持ち、内蔵センサーが検知した値をBluetoothでNextDrive Cubeに送信する。また、USB接続のカメラ「NextDrive Cam」もある。これをNextDrive Cubeに接続することで、立派な侵入監視システムを作ることもできる。

図 NextDrive CubeにNextDrive Camを接続すれば侵入監視システムとして利用できる

図 NextDrive CubeにNextDrive Camを接続すれば侵入監視システムとして利用できる

出所 NextDrive社

NextDrive Motion Pixや、NextDrive Thermo Pixiが検知したデータは、スマートフォンの専用アプリで簡単に確認できる。洋服ダンスの中にNextDrive Thermo Pixiを設置して、湿度管理に利用したり、閉じたノートパソコンにNextDrive Motion Pixを取り付けて、誰かが開けたらすぐに分かるようにするといった使い方が可能だ。また、NextDrive CubeのUSB端子にUSB接続の外付けハードディスクドライブを接続すると、外出先からこのハードディスクドライブにデータを保存できるようになる。このようにNextDrive Cubeは電子部品のハンダ付けや、プログラミングなどをすることなく、家庭の状況を監視するシステムを容易に作ることを可能にする。

4月から発売する「NextDrive Wi-SUN Cube」は、NextDrive Cubeに、Wi-SUNに通信機能を持たせたもの。従来の機能に加えて、スマートメーターとBルートで通信して、世帯の電力消費量データを取得して、クラウドに送信する機能が加わる。利用者はスマートフォンの専用アプリで、消費電力量の推移を簡単に確認できる。4月の発売開始時点では、通信事業者や電力会社、リフォーム業者などの事業者に提供する。供給を受けた事業者が自社のサービス、あるいは商品として、NextDrive Wi-SUN Cubeを消費者に販売する形を採る。

図 NextDrive Wi-SUN Cubeがスマートメーターから取得した世帯単位の電力消費量はスマートフォンで簡単に確認できる

図 NextDrive Wi-SUN Cubeがスマートメーターから取得した世帯単位の電力消費量はスマートフォンで簡単に確認できる

出所 ローム

NextDrive Wi-SUN Cubeは、ARMの「Cortex-A7」プロセサコアを4つ集積したSoCを搭載しており、IEEE802.11 b/n/g/ac準拠の無線LAN通信機能と、Bluetooth 4.0準拠の無線通信機能を持つ。NextDrive Cubeと同じく、USBの挿し込み口を1つ備える。メモリ容量は1Gバイト、フラッシュメモリの容量は16Gバイト。OSはLinux 3.10を利用している。Wi-SUN通信モジュールにはロームの「BP35C0」を搭載する。Echonet Liteに準拠しており、スマートメーターのBルート経由の通信に対応する。


■リンク
ローム

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...