[ニュース]

生ゴミを発酵させて得られるバイオガスで発電、JR東日本ら4社が事業開始へ

2017/03/09
(木)
SmartGridニューズレター編集部

東日本旅客鉄道、東日本環境アクセス、JFEエンジニアリング、JFE環境は、食品廃棄物を利用して発電する事業を始めると発表した。

東日本旅客鉄道(JR東日本)、東日本環境アクセス、JFEエンジニアリング、JFE環境は2017年3月7日、食品廃棄物を利用して発電する事業を始めると発表した。この事業のために4社が出資して新会社「株式会社Jバイオフードリサイクル」を8月1日に設立する。発電事業は新会社が運営する予定。出資比率はJFE環境が56%、JR東日本と東日本環境アクセスがそれぞれ17%、JFEエンジニアリングが10%。

この事業では、JR東日本が自社が保有する駅ビルのレストランや、駅舎にある飲食施設、弁当工場などから集めた食品廃棄物(生ゴミ)をメタン発酵させ、その過程で発生するバイオガスを収集し、燃焼させて発電する。生ゴミの収集運搬計画はJR東日本が東日本環境アクセスと協力して策定する。東日本環境アクセスは主にJR東日本グループ内で発生する生ゴミの運搬も担当する。生ゴミを発酵させて、発電する施設はJFEエンジニアリングが設計、施工する。JFE環境は建設用地を提供する。

図 今回の事業の分担

図 今回の事業の分担

出所 東日本旅客鉄道

ごみ処理および発電施設の建設予定地は横浜市鶴見区弁天町。JR鶴見線沿線の東京湾沿岸の埋立地で、周囲には工場が密集している。敷地面積は約6850m2。ここに生ゴミを発酵させる施設と、バイオガスで発電する発電設備を建設する。2017年5月に着工し、2018年8月に営業運転を始める予定だ。

図 発電施設の建設予定地

図 発電施設の建設予定地

出所 東日本旅客鉄道

発電設備の定格出力は1.8MW(1800kW)。4社は年間発電量がおよそ11TWh(約1100万kWh)に達すると見込んでいる。さらに年間で5500トン分のCO2排出量削減効果が得られるとも予想している。

図 発電施設の完成予想図

図 発電施設の完成予想図

出所 東日本旅客鉄道

発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して全量を売電する。売電先はJFEエンジニアリングの100%子会社で、電力小売りを手掛けているアーバンエナジー。売電単価は1kWh当たり39円(税別)。発電の際には排熱も発生するが、これは施設内で有効活用する。


■リンク
東日本旅客鉄道
東日本環境アクセス
JFEエンジニアリング
JFE環境

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...