[ニュース]

10種類のセンサーの計測値をクラウドに送信する「SensorTag」が登場、センサー機器の試作に好適

2017/03/14
(火)
SmartGridニューズレター編集部

Texas Instrumentsは、多数のセンサーと無線通信機能を内蔵する「SensorTag」シリーズの新製品を発表した。

Texas Instrumentsは2017年3月8日(米国時間)、多数のセンサーと無線通信機能を内蔵する「SensorTag」シリーズの新製品「SimpleLink Wi-Fi SensorTag Kit」を発表した。SensorTagシリーズは、光センサー、デジタル・マイク、磁気センサー、温度センサー、湿度センサー、圧力センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、磁力センサー、接触した物体の温度を検知するセンサーを内蔵し、無線通信機能を持たせた製品だ。プラスチックの箱に入っており、ボタンを押すなどの簡単な操作で動作を始める。

図 Texas Instrumentsが発表した「SimpleLink Wi-Fi SensorTag Kit」

図 Texas Instrumentsが発表した「SimpleLink Wi-Fi SensorTag Kit」

出所 Texas Instruments

これまでは、Bluetooth Low EnergyやZigbee、920MHz帯の無線通信などに対応した製品を販売していたが、今回の新製品はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN通信機能を備えたものになっている。無線LANを通してインターネット上のサーバーにセンサーの計測値を直接送る機能を持つ。

各センサーの計測値はAndroid/iOS対応の専用アプリケーションで簡単に見ることができる。また今回の新製品は、使い始めに無線LANの通信設定をすると、IBMのIoT端末向けクラウドサービス「IBM quickstart」に接続し、MQTT(MQ Telemetry Transport)プロトコルで計測値を送り始める。WebブラウザでIBM quickstartにアクセスすることで、計測値の推移を見ることも可能だ。

図 各センサーの計測値はスマートフォンの専用アプリケーションで見ることができる

図 各センサーの計測値はスマートフォンの専用アプリケーションで見ることができる

出所 Texas Instruments

SimpleLink Wi-Fi SensorTag Kitの外形寸法は50×67×14mm。電源は単4乾電池2本。乾電池の寿命はおよそ3カ月。すでにTexas Instrumentsの直販サイトで販売が始まっている。価格は39.99米ドル。

「IoT」という言葉は気になっているが、センサーをどう使えば便利なサービスを作れるのかが思いつかないという人は、SensorTagシリーズを入手することをお薦めする。電子部品を基盤にハンダ付けする必要も、センサー機器を制御するプログラムを書く必要もない。データを蓄積するサーバーを用意する必要もない。SensorTagシリーズが発信し続ける検出値を見ながら、SensorTagシリーズを色々なところに置いてみたり、機器にくっつけてみたりすることで、センサーと無線ネットワークを使ってどんなことができるのかを大まかにつかめるだろう。事業化に値するサービスのヒントをつかむ可能性も十分考えられる。


■リンク
Texas Instruments

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...