[ニュース]

日産自動車が「チョイモビ ヨコハマ」をリニューアル、「ラウンドトリップ型」で1日最大3000円に

2017/03/21
(火)
SmartGridニューズレター編集部

日産自動車は、横浜市と共同でカーシェアリングサービス「チョイモビ ヨコハマ」を開始した。

日産自動車は2017年3月17日、横浜市と共同でカーシェアリングサービス「チョイモビ ヨコハマ」を開始した。サービス提供期間は約2年間の予定。利用するには日本国発行の運転免許証とスマートフォン、日本国内発行のクレジットカードが必要。

日産自動車と横浜市はこれまで、「チョイモビ ヨコハマ」の名称で、小型電気自動車をレンタルしていた。レンタルとなる前の2013年10月から2015年9月の間は、借りた場所と違う場所でも返却できる「ワンウェイ型」のカーシェアリングサービスを提供していた。今回は利用料金を変更し、借りた場所で返す「ラウンドトリップ型」のカーシェアリングサービスとして再出発となる。

提供する車両は日産自動車の小型電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」。2人乗りで、近距離移動を想定した車両だ。蓄電容量が6.1kWhのリチウムイオン蓄電池を電源としており、最高速度は約80km/hで、航続距離は約100km。充電時間は、200V交流を使用すると4時間となる。

図 日産自動車の小型電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」

図 日産自動車の小型電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」

出所 日産自動車

貸し出し、返却場所は横浜駅から石川町駅にまたがる湾岸地域に14カ所設定した。運用車両は合計25台。走行可能なエリアは横浜市内限定。高速道路や制限速度60km/h超の道路も走行できない。料金は基本料金が200円で、利用料金は15分ごとに250円。1日の利用料金は最大3000円(12時間分)。この時間を超えても3000円を超えて料金が発生することはない。レンタルサービスとして提供していたときの料金が1時間1080円で、1日最大8640円(8時間分)となっていたので、全体的に値下げとなったと言えるだろう。

日産自動車は今回のカーシェアリングサービスに限らず、横浜市街地を対象とした観光ガイドツアーや地元企業を対象に、日産ニューモビリティコンセプトを長期間貸し出す意向も示している。


■リンク
日産自動車
チョイモビ ヨコハマ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...