[ニュース]

ミャンマーで初めてのごみ焼却発電プラントが完成、JFEエンジニアリングが施工を担当

2017/04/11
(火)
SmartGridニューズレター編集部

JFEエンジニアリングは、ミャンマー連邦共和国の旧首都であるヤンゴン市に建設中だったごみ焼却発電プラントが完成したと発表した。

JFEエンジニアリングは2017年4月10日、ミャンマー連邦共和国の旧首都であるヤンゴン市に建設中だったごみ焼却発電プラントが完成したと発表した。ヤンゴン市の依頼で建設を進めていたもので、この工事は環境省の「静脈産業の海外展開促進のための実現可能性調査等支援事業」と「JCM設備補助事業」から補助金を受けている。

図 完成したごみ焼却発電プラント

図 完成したごみ焼却発電プラント

出所 JFEエンジニアリング

ヤンゴン市では現在、日量およそ2500トンものごみをそのまま最終処分場に埋め立てており、適切に処分する施設が必要な状態だった。さらに、急速な経済発展のペースに電力供給力が追い付かず、電力不足に陥っている。今回のごみ焼却発電プラントは、これら2つの問題に対処するための施設と言える。ちなみに、このごみ焼却発電プラントは、ミャンマーとしては初めてのものになるという。

発電所の所在地は、ヤンゴン市中心部から北に35kmほどの位置にあるローガ湖付近。ヤンゴン市所有の土地に建設した。ゴミを焼却する炉は廃棄物燃焼発電で利用例が多い「ストーカ炉」。「ストーカ」と呼ぶ階段状の燃焼装置の上でゴミを移動させながら焼却する炉だ。ゴミを階段の上で少しずつ移動させることで時間をかけて加熱して、完全に燃焼させることを狙ったものである。

発電所の最大出力はおよそ700kW。1日に60トンのごみを焼却しながら発電することで、年間でおよそ5.2GWh(520万kWh)の発電量を期待できるという。また、ごみを焼却しながら発電することで、年間で約2400トンのCO2排出量削減効果が得られるとしている。

この発電プラントは二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism:JCM)の対象となっており、この発電プラントで得られたCO2排出量削減効果はそのまま日本におけるCO2排出量削減効果となる。

ミャンマーは、急速な経済成長を果たしているが、電力や水道、道路などの社会基盤(インフラ)の整備が追いついていない。JFEエンジニアリングは今後も、ミャンマーの社会基盤整備のために技術を提供し、ミャンマーのさらなる発展に貢献する意向を示している。


■リンク
JFEエンジニアリング
環境省

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...