[ニュース]

使いにくかったパーム椰子の房をバイオマス燃料に、IHIがペレット化の技術を確立

2017/04/28
(金)
SmartGridニューズレター編集部

IHIは、パーム椰子の房をペレットに加工する技術を確立したと発表した。

IHIは2017年4月26日、パーム椰子の房をペレットに加工する技術を確立したと発表した。パーム椰子の樹には房状にいくつもの実がなる。そこから実を取り出して空となった繊維状の房(Empty Fruits Bunch:EFB)をペレットに加工する技術だ。ペレットはバイオマス発電の燃料として利用できる。IHIはペレットのサンプル出荷を2017年度後半に開始する予定としている。

図 パーム椰子の樹に房状になる実を取り出すとEFBが残る

図 パーム椰子の樹に房状になる実を取り出すとEFBが残る

出所 IHI

パーム椰子から取れるバイオマス燃料としては、実から油を絞り出したパーム椰子殻(Palm Kernel Shells:PKS)が一般的だ。日本でも利用している発電所は少なくない。しかし、実を取った後に残る繊維状の房(EFB)を利用する例は少ない。太平洋セメントとイーレックスが、2019年12月ごろの商業運転開始に向けて建設を進めているバイオマス発電所で、PKSとEFBを燃料として使う予定を立てているが、主に使用するのはPKSとしている(参考記事)。

IHIによると、EFBは腐敗しやすく、水分、塩分、灰分を多く含んでいるため、そのままでは燃料としては使いにくい。現状は大部分が未利用のまま廃棄となっているという。IHIはボイラーメーカーとしての知見を活かして、EFBを微粉炭焚石炭火力発電所や,循環流動層(Circulating Fluidized Bed:CFB)ボイラーで使用できるように改質し、安定した品質のペレットに加工する手法を確立した。現在はマレーシアで、EFBを原料としたペレットを製造するテストプラントを稼働させているという。

図 EFBを原料としたペレットを製造するテストプラント(左)と、EFBペレット(右)

図 EFBを原料としたペレットを製造するテストプラント(左)と、EFBペレット(右)

出所 IHI

IHIは今後、このテストプラントを商用実証水準まで拡張する計画を立てている。また、バイオマス燃料を提供するだけでなく、石炭火力発電所での木質バイオマス混焼や、発電設備の効率向上、CO2回収技術など、これまで同社が取り組んできた事業を通してCO2排出量削減に力を入れていくとしている。


■リンク
IHI

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...