[ニュース]

SIGFOXで収集した検針データをAIで解析して、効率の良いLPガス配送日とルートを算出

2017/05/09
(火)
SmartGridニューズレター編集部

NEC、京セラコミュニケーションシステム、ミツウロコクリエイティブソリューションズは、SIGFOXで得たガス検針データから、LPガスの配送業務の効率を上げるシステムを共同で開発したと発表した。

NEC、京セラコミュニケーションシステム、ミツウロコクリエイティブソリューションズは2017年5月8日、SIGFOXで得たガス検針データから、LPガスの配送業務の効率を上げるシステムを共同で開発したと発表した。3社は2018年の実用化を目指して、実証実験を開始する。

まず、このシステムを使うには、ガスの検針データをSIGFOXで送信できるようにしなければならない。この部分はNECが担当した。NECが開発した「LPWA対応IoT無線化ユニット」をガスメーターとSIGFOX通信機に接続し、ガスメーターの検針値をSIGFOXで送信可能とした。

図 NECが開発した「LPWA対応IoT無線化ユニット」。さまざまなセンサーと無線通信機能の仲立ちをするものだ

図 NECが開発した「LPWA対応IoT無線化ユニット」。さまざまなセンサーと無線通信機能の仲立ちをするものだ

出所 NEC

ガスメーターの検出値をSIGFOXで集められるようになったら、検出値のデータをクラウドに蓄積する。クラウドはNECが運営するものを使用する。そして蓄積したデータを人工知能(Artificial Intelligence:AI)で解析する。これにはNECが開発した「NEC the WISE」を利用する。「NEC the WISE」は、統計処理、自然言語処理、画像処理、機械学習を活用した深層学習など、NECが研究開発してきた人工知能技術をまとめて提供するものだ。

AIによる解析では、それぞれの世帯のガス消費量を把握して、LPガス容器(ガスボンベ)の配送日や、配送ルートについて、最適なものを導き出す。世帯のガス消費量を見て、使い切る時期を予測して、その少し前にボンベを届けることで、ボンベに入ったガスをなるべく消費してもらいながら、切れてしまう前に配送する。配送に出発する配送車に積載するボンベの数も、日によって最適な数を積載する。

そして、配送時にはそれぞれ使用量などの条件が異なる世帯への配送ルートについて、最も効率の良いルートを導き出す。回り道をすることや、道に迷うこともないので、配送車の燃料消費を最小限に抑えて、配送員の労働時間も最短に抑えることを目指すということだ。ガスボンベの配送業務は、属人化したノウハウに頼ることも多かったが、このシステムを活用すれば、ボンベ配送業務に就いたばかりの人でも最高の効率で配送できる。

図 今回3社共同で開発したシステムが提供する主な機能

図 今回3社共同で開発したシステムが提供する主な機能

出所 NEC

今回のシステム開発に参加した3社は、システムを活用した業務を続けながら、ほかのLPガスガス販売事業者に、ガスメーター検針値を無線通信で集めて提供するサービスや、LPガスのボンベ配送スケジュールと配送ルートの効率を上げるサービスの提供を目指すとしている。


■リンク
NEC
京セラコミュニケーションシステム
ミツウロコクリエイティブソリューションズ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...