[ニュース]

BMW Groupがハンブルグ市で電気自動車のカーシェアリングを開始、2019年までに400台体制へ

2017/05/15
(月)

BMW Groupは、ドイツ・ハンブルグ市で電気自動車のカーシェアリングサービスを開始すると発表した。

ドイツBMW Groupは2017年5月10日(現地時間)、ドイツ・ハンブルグ市で電気自動車(EV)のカーシェアリングサービスを開始すると発表した。ハンブルグ市はこれを受けて、市内にEV用充電器を設置し、カーシェアリング用の駐車場も用意すると発表した。カーシェアリングサービスはBMW Groupとドイツのレンタカー業者Sixt社が共同で設立したドイツDriveNow社が運営する。BMW Groupはカーシェアリングのために2019年までに400台のEVと、150台のプラグインハイブリッド車(PHV)を供給する。

図 ハンブルグ市街に並ぶBMWのEV「BMW i3」と充電器

図 ハンブルグ市街に並ぶBMWのEV「BMW i3」と充電器

出所 BMW Group

BMW Groupはまず、2017年末までにBMWのEV「BMW i3」を200台提供する。ハンブルグ市は200台を受け入れられるように充電器の整備を進める。ハンブルグ市は2019年までに市内1150カ所に充電器を設置する予定だ。計画ではBMW Groupは2019年までに合計550台供給する予定だが、現時点では200台のBMW i3を供給することまでしか決まっていない。残りがどんな車種になるのかは未定だ。

ちなみに、DriveNow社はハンブルグ市のほか、ベルリン市、ミュンヘン市、デュッセルドルフ市、ケルン市でカーシェアリングサービスを展開している。さらにオーストリアのウィーン市、デンマークのコペンハーゲン市、スウェーデンのストックホルム市、ベルギーのブリュッセル市、イタリアのミラノ市、イギリスのロンドン市でもサービスを供給している。それぞれの拠点ではBMW i3のほかに、BMW 1シリーズ、BMW 2シリーズ、BMW X1、MINIシリーズなどのガソリン車もカーシェアリング向けに供給している。

そして、BMW Groupは2016年11月4日に、MINIシリーズのEVを2019年に、BMW X3のEVを2020年に発売すると予告している。2019年までに合計400台としているEV投入計画にMINIのEVが入る可能性もあるだろう。


■リンク
BMW Group

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...