[ニュース]

伊藤忠商事、住宅用定置型リチウムイオン蓄電池の新型ー停電時も日常通りの電力を供給

2017/05/17
(水)
SmartGridニューズレター編集部

伊藤忠商事は、住宅用定置型リチウムイオン蓄電池の新型「Smart Star L」を発表した。

伊藤忠商事は2017年5月12日、住宅用定置型リチウムイオン蓄電池の新型「Smart Star L」を発表した。5月下旬に発売の予定。価格は285万円(税、工事費別)。蓄電容量は9.8kWhで、外形寸法は約762×約1145×約440mm。本体重量は約195kg。屋外設置を想定した製品だ。

図 伊藤忠商事の住宅用定置型リチウムイオン蓄電池の新型「Smart Star L」

図 伊藤忠商事の住宅用定置型リチウムイオン蓄電池の新型「Smart Star L」

出所 伊藤忠商事

特徴は、停電しても日常と同じように住宅に電力を供給する能力を持つ点。蓄電容量の9.8kWhは、日本の一般世帯の1日の消費電力量(約10kWh)とほぼ同じ値。停電時の自立運転の最大出力は3kVA。さらに、停電時の自立運転時に利用できるコンセントとして、単相2線の交流100Vに加えて、エアコンなどの大型家電が使用する単相3線の交流202Vのものも備える。つまり停電しても、1日間はエアコンなどを動かしながら、日常と変わらない量の電力を利用できるということだ。

また、太陽光発電システムとの組み合わせに向くという特徴もある。太陽光発電システムのパワーコンディショナーからの電力供給は最大で6kWまで受けることができる。停電時もこの値は変わらないので、太陽光発電システムを通常と変わらずに運用することができる。

今後、住宅用太陽光発電システムによる電力の固定価格買取制度が期間満了を迎え始める。さらに、新規申し込み分の売電価格も下がる一方だ。そこで、発電した電力は売電せずに、すべて自家消費して電気料金を削減しようという動きがある。伊藤忠商事の新製品は、このような要望に応えるものと言える。

さらに、伊藤忠商事はこの定置型蓄電池を活用してVPP(Virtual Power Plant)を展開する構想も持っているとしている。


■リンク
伊藤忠商事

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...