[ニュース]

GMが自動運転車の研究規模を拡大、自動運転機能を備えたBolt EVを130台製造

2017/06/15
(木)
SmartGridニューズレター編集部

アメリカGeneral Motorsは、Chevrolet Bolt EVに自動運転機能を付けたテスト用車両130台の製造が完了したと発表した。

アメリカGeneral Motors(GM)は2017年6月13日(現地時間)、同社の電気自動車(EV)「Chevrolet Bolt EV」に自動運転機能を付けたテスト用車両130台の製造が完了したと発表した。130台はすべて、ミシガン州オリオンチャータータウンシップ(Orion Charter Township)の工場で自動車量産の手法を利用して製造したという。

図 自動運転機能付きの「Chevrolet Bolt EV」を製造している工場の様子

図 自動運転機能付きの「Chevrolet Bolt EV」を製造している工場の様子

出所 General Motors

今回製造した130台は、GMにとって「2世代目」となる自動運転技術を搭載している。レーザー光で画像と距離を検出するLIDAR(Laser Imaging Detection and Ranging)やカメラ、各種センサーを搭載しており、より安全で信頼できる自動運転機能を備えているという。

GMは2016年初から自動運転技術の開発に力を入れている。専門の技術者を集めた部署を立ち上げたほか、2016年3月には自動運転技術を開発しているベンチャー企業「Cruise Automation社」を買収している。GMはこの買収で自動運転技術のソフトウェア技術者と、短期間で技術を開発するノウハウを手にいれたとしている。そして6月には自動運転技術を搭載したChevrolet Bolt EVを試作し、サンフランシスコとアリゾナ州のスコッツデールの公道で試験を始めている。

先述の通り今回製造した130台は自動車量産の手法を利用して製造している。130台という台数も、GMの自動運転車の試験車両としては過去最大の数だ。Cruise Automation社のCEOを務めるKyle Vogt氏は「私達が望むような自動運転車を作るには、ある程度の規模で量産する必要があった」とコメントしている。そしてGMは自動運転車の試験車両を量産設備で製造した初の会社になったという。

今回製造した130台は、サンフランシスコやスコッツデールで実施している自動運転車の試験に参加するほか、デトロイト都市圏で開始する試験にも利用するとしている。


■リンク
General Motors

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...