[ニュース]

インターネットイニシアティブ、Bルート活用サービスに発電事業者向けメニューを追加

2017/07/07
(金)
SmartGridニューズレター編集部

インターネットイニシアティブは、電力スマートメーターの「Bルート」を活用するサービスに、太陽光発電などで売電しているユーザーに向けたメニューを追加し提供を始めた。

インターネットイニシアティブは2017年7月4日、電力スマートメーターの「Bルート」を活用する「IIJスマートメーターBルート活用サービス」に、太陽光発電などで売電しているユーザーに向けたメニュー「発電事業者パック」を追加し提供を始めた。従来、このサービスでは小売電気事業者が便利に使えるということを意識して、電力消費量から売電量を引いた、請求対象となる電力使用量をグラフなどの形で表示する画面を提供していた。

今回提供する発電事業者パックでは、スマートメーターのBルートを通して、スマートメーターが把握している売電量データを取得し、そのデータをグラフなどの形で表示する。スマートメーターから取得したデータは、インターネットイニシアティブが運営するクラウドに送信し、クラウド側でデータを集計しグラフなどを作成する。住宅に設置した太陽光発電システムだけでなく、太陽光発電所でも利用可能。発電事業者だけでなく、発電量の異変から故障を検知しなければならない管理運営(O&M:Operation & Maintenance)業者にも役立つ機能だ。

図 発電事業者パックで提供する管理者画面の例。1カ月の発電量の推移を表示している

図 発電事業者パックで提供する管理者画面の例。1カ月の発電量の推移を表示している

出所 インターネットイニシアティブ

発電事業者パックでは、売電量を1時間単位、1日単位、月単位でグラフにしてリアルタイムで表示する。また、概算の売電料金を算出して提示する機能も持つ。各種データはCSV形式でダウンロードできる。複数の発電所を運営するユーザーには、発電所ごとの売電量の推移を示す機能も提供する。

図 複数の発電所の発電状態を一覧できる画面

図 複数の発電所の発電状態を一覧できる画面

出所 インターネットイニシアティブ

インターネットイニシアティブは今後、発電事業者パックに気象情報を表示する機能や、非常時にアラートを発信する機能を提供する予定。


■リンク
インターネットイニシアティブ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...