[ニュース]

インフォテリア、IoTサーバーアプリ開発環境「Platio」がSORACOMと連携

2017/07/07
(金)
SmartGridニューズレター編集部

インフォテリアは、IoTサーバーアプリ開発環境「Platio」が、ソラコムのIoT端末向け無線通信サービス「SORACOM」との連携を開始したと発表した。

インフォテリアは2017年7月5日、IoTサーバーアプリ開発環境「Platio」が、ソラコムのIoT端末向け無線通信サービス「SORACOM」との連携を開始したと発表した。Platioは、カスタマイズ可能な「テンプレート」を組み合わせて、IoTのサーバーアプリケーションを構築する開発環境。プログラムを作成することなく、短時間でアプリケーションを構築できる(関連記事)。データを蓄積するデータベースのテーブルも、ユーザーが作成したアプリケーションに合わせて自動的に作成してくれる。

インフォテリアはSORACOMで接続したIoT端末からデータを集め、活用するにはアプリケーションを個別に開発し、SORACOMのネットワークと接続する機能を開発する必要があったとし、今回の連携でこの問題を解消できるとしている。

PlatioはSORACOMが提供するサービス「SORACOM Funnel」を利用してSORACOMと連携させる。SORACOM FunnelはSORACOMのネットワークを、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureなどのクラウドサービスに接続するサービス。クラウドサービス提供者は、SORACOMのAPI(Application Programming interface)を利用して、自社で提供しているクラウドサービスに合わせた「アダプタ」を開発することで、SORACOMと自社のクラウドを簡単な操作で接続する機能を顧客に提供できる。

図 クラウド事業者は「アダプタ」を開発することで、SORACOMとの接続機能を顧客に提供できる

図 クラウド事業者は「アダプタ」を開発することで、SORACOMとの接続機能を顧客に提供できる

出所 ソラコム

これで、SORACOMとPlatioを簡単な設定だけで接続できるようになった。そしてPlatioもプログラムを作ることなく、簡単な操作と設定でIoTデータを処理するアプリケーションを開発する環境だ。データの収集から分析まで簡単な設定とGUI操作で可能になったということになる。インフォテリアは、これでIoTシステム導入の障壁が下がり、導入後の改善や修正もすぐに済ませることができ、少ないコストで運用できるようになるとしている。

インフォテリアは今後、PlatioとSORACOMを接続した環境を、設備や機器の遠隔監視システムや、車両の動きを把握するシステムなどに活用するとしている。さらに、インフォテリアのほかの製品もSORACOMと連係させる方針を示している。


■リンク
インフォテリア

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...