[ニュース]

IKEAがイギリスで蓄電池を発売、太陽光発電との組み合わせで電気代を70%節約とアピール

2017/08/08
(火)
SmartGridニューズレター編集部

IKEAは、イギリスで住宅用蓄電池の販売を始めた。

IKEAは2017年8月2日(イギリス時間)、イギリスで住宅用蓄電池の販売を始めた。イギリスのSolarcentury社の協力を得て販売する。蓄電池は韓国LG Chem社のリチウムイオン蓄電池で、蓄電容量は3.3kWh。価格は太陽光発電システムと合わせて購入すれば3000ポンド(43万2000円:1ポンド=144円で換算【以下同様】)。すでに太陽光発電システムを自宅に設置している消費者が、蓄電池を単独で購入すると5000ポンド(72万円)。

図 IKEAがイギリスで販売を始めた住宅用蓄電池

図 IKEAがイギリスで販売を始めた住宅用蓄電池

出所 IKEA

IKEAによると、イギリスの太陽光発電システムを備えた平均的な住宅では、太陽光で発電した電力のおよそ40%を住宅で利用しているが、残りは電力系統に流しているという。そこで蓄電池を導入して、太陽光で発電した電力を充電して好きな時に使えるようにすれば、太陽光で発電した電力の80%を住宅で利用できるとしている。その結果、電気料金を最大で70%削減できるとアピールしている。

蓄電池と太陽光発電システムのセット販売も受け付ける。価格は6925ポンド(99万7200円)からとなる。IKEAはこのセットを購入すると、およそ12年で購入代金を回収できるとしている。IKEAは太陽光発電システムと蓄電池を導入した際の電気料金節約効果を見積もるWebサイトを用意している。郵便番号を入力して、現れる航空写真上で、太陽光発電システムを設置できる部分を指定すると、見積もりを算出する。その電気代節約効果を見て、そのまま太陽光発電システムと蓄電池のセットをWebサイト上で注文できる。IKEAは注文後最短で3週間後に設置工事を始められるとしている。


■リンク
IKEA
Solarcentury社

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...