[ニュース]

オムロンがVPP対応の大容量定置型蓄電池を発表、壁掛け可能なコンパクト設計

2017/08/24
(木)
SmartGridニューズレター編集部

オムロンは、定置型蓄電池「住・産共用フレキシブル蓄電システム:KPAC」の新製品を発表した。

オムロンは2017年8月23日、定置型蓄電池「住・産共用フレキシブル蓄電システム:KPAC」の新製品を発表した。2017年10月から発売の予定で、価格はオープン。3年間累計で1万台の販売を目指す。

図 オムロンが発表した蓄電池の新製品。左側が蓄電池で、右側が蓄電池用パワーコンディショナー

図 オムロンが発表した蓄電池の新製品。左側が蓄電池で、右側が蓄電池用パワーコンディショナー

出所 オムロン

新製品は蓄電容量を従来製品の6.5kWhから9.8kWhに増加させた。蓄電容量を増加させたが本体重量は約52kgから、約78kgに、本体容積は1.6倍ほどのサイズに収めた。搬入にクレーンを使う必要はなく、壁掛け設置にも対応する。オムロンは戸建住宅だけでなく、小規模な産業施設にも対応できる性能があるとしている。

電気料金が安価な夜間に充電し、その電力を料金が高いピーク時に消費することで、電力会社からの受電を最小限に抑えるといった用途のほか、太陽光発電システムで発電した電力を自家消費したいという要望にも応える製品だ。2009年に開始した住宅用太陽光余剰電力買取制度の買取期間(10年)が終了する2019年以降に、自家消費の要望が大きくなるとオムロンは見ている。

HEMS(Home Energy Management System)の標準プロトコルであるEchonet Liteに対応し、家電製品との連携も可能とした。また、充放電能力を向上させ、短時間でより多くの電力を充放電できる設計とし、Echonet Liteの最新規格である「APPENDIX ECHONET機器オブジェクト詳細規定『Release H』」に対応して蓄電池の遠隔制御を可能とし、今後普及すると見られるVPP(Virtual Power Plant)での使用も可能とした。


■リンク
オムロン

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...