[ニュース]

Apple、アイオワ州にデータセンター新設の計画を発表ー稼働開始初日から100%再エネで運用

2017/08/28
(月)
SmartGridニューズレター編集部

Appleは、新たなデータセンターをアイオワ州ウォーキー市に建設すると発表した。

Appleは2017年8月24日、新たなデータセンターをアイオワ州ウォーキー市に建設すると発表した。2018年初旬に建設を開始し、2020年の稼働開始を予定しており、北米のユーザーに向けて、「Siri」「iMessage」「Apple Music」などのクラウドサービスを提供する拠点とするとしている。

図 Appleがアイオワ州に新設予定のデータセンターの完成イメージ

図 今Appleがアイオワ州に新設予定のデータセンターの完成イメージ

出所 Apple

新設予定のデータセンターの敷地面積はおよそ40万平方フィート(約3万7000m2)。2020年を予定している稼働開始の時点から、100%再生可能エネルギーによる電力で運用するとしている。ちなみに、Appleが現在アメリカ国内で運用しているデータセンターは、すべて再生可能エネルギーによる電力のみで稼働している。

Appleはこのデータセンターの建設のためにおよそ13億ドル(1560億円:1ドル=120円で換算)を投資する。データセンターの建設や、稼働開始後の運用などを担う人材を地元から雇用することで、対象地域の経済的発展にも貢献するとしている。

Appleは、世界中の拠点で消費する電力を100%再生可能エネルギー由来のものに転換する目標を掲げており、アメリカのほか世界23カ国ではこの目標を達成しているという。そして、目標達成のために風力発電所など、再生可能エネルギーを利用した発電所に巨費を投資して、発電所の新設を促している。


■リンク
Apple

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...