[ニュース]

Daimler、「Mercedes-Benz EQ」ブランドの新コンセプトモデルーAクラス相当のコンパクトEV

2017/09/13
(水)
SmartGridニューズレター編集部

Daimlerは、フランクフルトモーターショーの報道関係者向け発表会で、新しい電気自動車のコンセプトモデル「Mercedes-Benz Concept EQA」を公開した。

Daimlerは2017年9月12日(ドイツ時間)、開催中のフランクフルトモーターショー(IAA:International Motor Show)の報道関係者向け発表会で、新しい電気自動車(EV)のコンセプトモデル「Mercedes-Benz Concept EQA」を公開した。Mercedes-Benzブランドの「Aクラス」に相当するコンパクトカーになっており、手頃な価格で提供することを想定していると考えられる。

図 Daimlerが発表会で披露した「Mercedes-Benz Concept EQA」

図 Daimlerが発表会で披露した「Mercedes-Benz Concept EQA」

出所 Daimler

Daimlerの取締役で中国事業を担当しているHubertus Troska氏は「Mercedes-Benzの自動車を初めて買うという消費者は、コンパクトカーから入ることがほとんどだ。これは世界中で共通している。ヨーロッパ各国では、Mercedes-Benzブランドの車両の販売台数のうちだいたい70%がAクラスだ。アメリカにおいては、CLAクラスの所有者の半分以上が『これが自分にとって初めてのMercedes-Benzブランドだ』と答えている。そして中国はGLAクラスの世界最大の市場となっている」と、Mercedes-Benzブランドにおけるコンパクトカーの役割の大きさを強調している。Daimlerは、Mercedes-Benz Concept EQAが「初めてのMercedes-Benzブランド」「最もよく売れるMercedes-Benzブランド」という役目を担うと期待しているのだろう。

Mercedes-Benz Concept EQAは、前後の車軸に1つずつモーターを搭載する4輪駆動車となっており、最大出力272馬力(200kW)、最大トルク500Nmの性能を発揮する。停車状態から100km/hにおよそ5秒で加速するとしている。“Sport”と“Sport Plus”という2種類の動作モードを設定しており、切り替えることで前後モーターのトルクの分配を変える。その結果、加速力などが変わる。

内蔵蓄電池は蓄電容量60kWh以上のリチウムイオン蓄電池。本体底部の前後車軸の間に配置し、車両の重量バランスを最適な形にしている。満充電状態からの走行距離はヨーロッパ標準であるNEDC(New European Driving Cycle)で400kmほど。一般的な充電方法に加えて、電磁誘導を利用した無線充電にも対応する。急速充電器を利用すると、10分で100kmほど走行可能な電力を充電できるという。

DaimlerはMercedes-Benz Concept EQAの量産開始時期を明言していない。しかし、2016年9月のパリモーターショーで公開した「Mercedes-Benz Concept EQ」を基にした新車種の量産を2019年から始めることが決まっている。今回のMercedes-Benz Concept EQAを基にした車種の発売時期も近いと考えられるだろう。

発表会ではほかに、カーシェアリング向けEVのコンセプトカー「smart vision EQ fortwo」(参考記事)や、プラグイン燃料電池車「Mercedes-Benz GLC F-CELL」(参考記事)も公開した。


■リンク
Daimler

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...