[ニュース]

日本アジアグループ、群馬県で出力約15.4MWのメガソーラーの運転を開始

2017/09/20
(水)
SmartGridニューズレター編集部

日本アジアグループは、群馬県に建設中だったメガソーラー「嬬恋ソーラーウェイ」が完成し、運転を開始したと発表した。

日本アジアグループは2017年9月20日、群馬県に建設中だった大規模太陽光発電所(メガソーラー)「嬬恋ソーラーウェイ」が完成し、運転を開始したと発表した。設計、調達、施工(EPC:Engineering、Procurement、Construction)は東光電気工事が担当し、完成後の発電、売電事業は日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーが担当する。

図 「嬬恋ソーラーウェイ」の全景

図 「嬬恋ソーラーウェイ」の全景

出所 日本アジアグループ

発電所の所在地は群馬県吾妻郡嬬恋村(あがつまぐんつまごいむら)。民間の地権者から用地を賃借してメガソーラーを建設し、運営する。敷地面積はおよそ22ha(22万m2)。この土地にカナダCanadian Solar社の太陽光発電モジュールを4万8840枚並べた。パワーコンディショナーは東芝三菱電機産業システムの製品を採用した。

発電所全体の最大出力は約15.4MW(約15400kW)で、日本アジアグループは、一般世帯の年間電力消費量にして約4900世帯分の電力を年間に発電すると見込んでいる。資源エネルギー庁が試算した一般世帯の年間電力消費量は、3600kWh。この数字を当てはめるとおよそ17.64GWh(1764万kWh)となる。設備稼働率にするとおよそ13%になる。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を利用して全量を東京電力エナジーパートナーに売電する。売電単価は1kWh当たり40円。

太陽光による電力は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度における買取価格が下落を続けており、メガソーラーを新設しても投資を回収するのが難しくなりつつある。それでも日本アジアグループはまだ事業として成立させることが可能と見ているようだ。今後もメガソーラーの運営は事業として継続していく姿勢を示したほか、メガソーラーの新設も検討しているという。


■リンク
日本アジアグループ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...