[ニュース]

NTTドコモ、法人向けにLoRaWAN通信エリア構築サービスを提供へ

2017/09/26
(火)
SmartGridニューズレター編集部

NTTドコモは、IoT端末向け無線通信技術「LoRaWAN」の通信エリアを構築するサービスを法人向けに提供すると発表した。

NTTドコモは2017年9月26日、IoT端末向け無線通信技術「LoRaWAN」の通信エリアを構築するサービスを法人向けに提供すると発表した。10月20日から提供開始の予定。顧客の要望に応じてLoRaWAN通信を利用できるように、NTTドコモがLoRaWAN専用ゲートウェイを設置し、通信エリアを作り上げる。

図 NTTドコモがLoRaWAN専用ゲートウェイを設置し、通信エリアを作り上げる

図 NTTドコモがLoRaWAN専用ゲートウェイを設置し、通信エリアを作り上げる

出所 NTTドコモ

専用ゲートウェイはIoT端末とLoRaWANで通信し、受信したデータをLTE網を通してインターネット上のサーバーやクラウドに届ける。LoRaWANを通したデータ取得や、LoRaWANでつながったIoT端末を管理する「LoRaWANサーバー」も提供する。エリア構築を依頼した企業は、エリア内にIoTのセンサー端末を配置し、LoRaWANサーバーと連携してデータを取得し、グラフ化や統計解析などの機能を持たせたサーバーやクラウド環境を用意すれば良い。

NTTドコモは今回のサービうを主に山間部やビルの地下など、携帯電話の電波が届かないところに向けて提供する構えだ。通信エリア構築に当たっては、NTTドコモがこれまで蓄積してきたLoRaWAN運用の経験のノウハウを活かし、設置場所の特製に合わせて最適な形で通信エリアを構築するとしている。さらに、IoT端末の接続、データを取得するタイミングなど、用途と場所に応じた運用法も提案する。

提供料金は個別見積もり。エリア設計と工事費は別途見積もりとなる。


■リンク
NTTドコモ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...