[ニュース]

Teslaの電動トレーラーヘッドの発表は11月に、Elon Musk氏がTwitterへの投稿で見通しを示す

2017/10/10
(火)
SmartGridニューズレター編集部

TeslaのCEOであるElon Musk氏は、自身のTwitterアカウントへの投稿で、Teslaが開発中の電動トレーラーヘッドの発表日が11月16日になるという見通しを示した。

TeslaのCEOであるElon Musk氏は2017年10月7日、自身のTwitterアカウントへの投稿で、Teslaが開発中の電動トレーラーヘッドの発表日が11月16日になるという見通しを示した。Teslaの電動トレーラーヘッドについては、完成段階に近いという報道が流れ、多くのメディアが2017年10月中に発表すると予測していた。

図 Teslaが公開している電動トレーラーヘッドのイメージ画像

図 Teslaが公開している電動トレーラーヘッドのイメージ画像

出所 Tesla

Musk氏はTwitterアカウントへの投稿で、緊急に対処しなければならない問題が2つあり、そのために企業としての労力や費用を割く必要があるため、電動トレーラーヘッドの発表が遅れる見通しだと明かしている。

図 Elon Musk氏によるTwitterへの投稿

出所 Elon Musk氏

緊急に対処しなければならない問題のうちの1つは、ハリケーン“Maria”の直撃を受けたプエルトリコへの支援だ。Musk氏は、Mariaによって電力網が途切れ、電力を利用できなくなった地域に向けて、太陽光発電モジュールとTeslaの住宅用定置型蓄電池「Powerwall」を供給することを決めた。緊急対処を実行するには、Powerwallの生産能力を一時的にでも引き上げる必要がある。Musk氏は、Teslaがその対処に取り組んでいたとしている。

もう1つの問題は、同社が2017年7月末に納入を開始した新型電気自動車(EV)「Model 3」の生産に関する問題だ。Model 3は同社としては初めてとなる普及価格帯のEVであり、本体価格は3万5000ドル(395万5000円:1ドル=113円で換算)からという価格で、満充電状態からおよそ215マイル(約346km)の走行できるという点が好評を博し、数十万台の注文を受ける大ヒット商品となった。しかし、現在のTeslaの生産能力では、莫大なバックオーダーを処理する見込みがまったく立たない。そこで同社は生産施設の拡充など、さまざまな手を打ち続けている。

図 Teslaの普及価格帯のEV「Model 3」。莫大な数の注文を受けて、対処に苦慮している

図 Teslaの普及価格帯のEV「Model 3」。莫大な数の注文を受けて、対処に苦慮している

出所 Tesla

正式発表前から、Teslaの電動トレーラーヘッドに対する期待は高まる一方だ。巨大なコンテナを牽引し、長い距離を走行するトレーラーヘッドは、乗用車とは求められる性能がまったく異なる。重いコンテナを引きながら長距離を走行するには、電気自動車の技術では難しいのではないかという声も多い。実際、アメリカの一部大型トラックメーカーは、燃料電池とモーターを組み合せたトレーラーヘッドの開発を進めている。走行距離が長く、燃料となる水素の充填もあっという間に済んでしまうという点を評価してのことだろう。

Teslaがこれから発表する電動トレーラーヘッドが、コンテナを引きながら十分な距離を走行できて、短時間で充電できるということになったら、業界がこのトレーラーヘッドに向ける目は大きく変わるだろう。あっと驚くような性能を見せることを期待したい。


■リンク
Elon Musk氏によるTwitterへの投稿

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...