[これだけは押さえておきたいスマートグリッド基礎用語]

IIoT(インダストリアルIoT)とは?日・米・独の連携でグローバルスタンダードを目指すIIoT

2016/06/07
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

経済成長率が低迷する先進国において、生産性の向上や新しいビジネスモデルの構築を目指して、インダストリアルIoT(IIoT:Industrial IoT)の動きが活発化注1、注2している。また、IIoTに関しては、ドイツ(独)のプラットフォームIndustrie 4.0と米国のIICは緊密に連携し、グローバルスタンダードの策定に向けて合意したと発表(2016年3月)。続いて、日本も先行するドイツと連携して、次世代スマート工場に必要な機器などの国際標準化を目指す方針を示した(2016年4月)。ここでは、IoT、M2M、CPSなど類似の用語(ほぼ同義語)を整理しながら、IIoTとIIoTシステム(=IoTシステム)の仕組みについて簡単に解説する。

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...