[クローズアップ]

ネガワット/ネガワット取引とは?

― デマンドレスポンス(電力の需給調整)がビジネスを創る ―
2016/09/01
(木)
SmartGridニューズレター編集部

電力小売全面自由化のスタート、VPP(仮想発電所)の実証事業の開始、2030年までに再生可能エネルギーを20%導入するなど、次々に押し寄せる新しいイノベーションの嵐の中で、「ネガワット」「ネガワット取引」が急速に注目され、政府は‘ネガワット取引市場’を、2017年までに創設することを決定した。「ネガワット」(Negawatt)という言葉を最初に使ったのは誰か? その登場の背景を見ながら、ネガワットとデマンドレスポンス(DR:Demand Response)の関係やデマンドレスポンスを実現する仕組みなどについて解説する。最後に、期待されるネガワット取引のイメージを紹介する。

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...