[「日本卸電力取引所」の役割と課題]

新電力ベンチャー登場時代の「日本卸電力 取引所」の役割と課題 ≪第3回:最終回≫

─自由化で先行する欧米の電力取引所の最新動向─
2014/09/01
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2016 年からの一般家庭への電力小売の自由化を目前に控え、新電力への参入が300 社を超える(本文注1)など急速に増大してきたこともあって、一般社団法人 日本卸電力取引所(以下、JEPX)が急速に注目を集めている。そこで、第1 回(本誌2014 年7 月号)ではJEPX の設立の目的からその役割などを、第2 回(本誌2014 年8 月号)では「電力小売の完全自由化」後のビジネス展開をはじめ、電力の卸市場やJEPX の市場領域、今後のビジネス展開などを解説した。最終回にあたる第3 回では、日本に先行する欧米の卸電力市場の状況を概説する。なお本記事は、一般社団法人 日本卸電力取引所 総務部長である岸本尚毅氏への取材をベースにまとめたものである。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...