[特別レポート]

EVメーカーからエネルギー貯蔵(蓄電池)へ新展開を図るテスラ

― 2017年1月からギガファクトリーで高性能・低コストな「2170セル」の量産開始 ―
2017/03/06
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

2003年7月、米国シリコンバレーに究極のエコカーである電気自動車(EV)を開発し、デビューしたテスラは、米国ネバダ州に総面積で東京ドーム約280個分の広大な敷地に「ギガファクトリー」を建設し、テスラとパナソニックの協業によるリチウムイオン電池セル(円筒形「2170セル」)の生産を、2017年1月から開始した。まず、一般家庭向けの蓄電池「パワーウォール2」、企業や電力会社向けの蓄電装置「パワーパック2」用の生産を開始し、さらに最新のEV「モデル3」向けの蓄電池用として、間もなく量産に入る。これによって同社は、EVメーカーから脱皮してエネルギー貯蔵ビジネスまでも包含し、ビジネスを大きく飛躍させることになる。
ここでは、ENERGY STORAGE SUMMIT JAPAN 2016(注1)(2016年11月8〜9日)におけるテスラ Kurt Kelty氏の講演および同社の資料をベースにレポートする。

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...