[トピックス]

NTT東日本、KDDI、ソフトバンクBB、パナソニックを中心に「大規模HEMS 情報基盤整備事業」導入開始へ

2014/10/01
(水)

NTT東日本、KDDI、ソフトバンクBB、パナソニックの4社を幹事会社とするコンソーシアム(注)は、経済産業省が実施する「大規模HEMS情報基盤整備事業」(図参照)において採択され、事業を推進する(図参照)。実施期間は2014年9月〜2016年3月。

同事業は、まず全国で1万4,000世帯のモニターを募集してHEMSを導入し、各家庭の電力データを一元的にクラウド管理する情報基盤のシステムを構築する(2014年9月〜2015年3月)。続いて、「大規模HEMS情報基盤の標準化検討」を行う。各HEMS管理事業者が各家庭から収集する電力関連データを、大規模HEMS情報基盤を経由して利活用するため、APIの標準化などによって、仕様の異なる複数のHEMSから円滑に情報を集約する。

さらに、「プライバシーに配慮した電力利用データの利活用環境の検討」も行う。利用者の実際の声を反映したプライバシー上の対応策を検討することで、消費者が安心できる電力データを活用する環境の整備を進める(2015年4月〜2016年3月にHEMSデータ利活用サービスの開始予定)。実施地域には、すでに福島県・会津若松市、静岡県・静岡市、三重県・桑名市、福岡県・のみやま市が決定している。

40.3億円(2014年度)の予算を投じて実施されるこのプロジェクトの動向に、注目したい。

図 大規模HEMS情報基盤整備事業のイメージ

図 大規模HEMS情報基盤整備事業のイメージ

〔出所 2014年8月28日報道発表資料より。東日本電信電話株式会社、KDDI株式会社、ソフトバンクBB 株式会社、パナソニック株式会社〕


(注)http://www.iae.or.jp/2014/07/29/result_of_bidding20140729/

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...