[ニュース]

日立、マルウェア感染防止を図る標的型サイバー攻撃対策ソリューションを提供開始

2016/01/21
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2016年1月21日、株式会社日立製作所(以下:日立、東京都千代田、執行役社長兼COO:東原 敏昭)は、標的型サイバー攻撃対策として、日立の不正PC監視・強制排除ソフトウェア「NX NetMonitor」および統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」と、サイバー攻撃検知やインシデント対策サービスを提供するファイア・アイ株式会社(以下:ファイア・アイ、東京都千代田区神田、取締役会長兼CEO:デビッド・デウォルト)のサイバー攻撃検知製品「FireEye NX」を連携させ、マルウェア※1感染端末の早期検出から強制排除までを自動的に行うことで、感染拡大防止を図るソリューションを2016年2月1日から提供を開始することを発表した。

同ソリューションは、標的型サイバー攻撃を自動的に検知し、感染した端末を強制排除することで、マルウェアによるシステム障害や情報漏えいを防止しする。また専用ソフトのインストールが困難な機器(IoTデバイス※2や専用OS搭載機、持ち込みPCなど)や既設の機器に対して、新たに専用ソフトをインストールする必要がないため、導入・運用が容易となる。
今後、データセンターや官公庁施設、社会インフラ施設、工場・プラント、商業施設など幅広い業界に向けて拡販していく。


※1 悪意をもったソフトウェア。

※2 IoT(Internet of Things)により通信機能を持ち、ネットワークに接続が可能なデバイス。

■リンク
日立製作所
ファイア・アイ

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...