[ニュース]

DNP、オランダ・ジェムアルトとIoTのセキュリティー分野で協業

2016/08/10
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2016年8月10日、大日本印刷株式会社(以下:DNP、東京都新宿区 代表取締役社長:北島 義俊)は、オランダのGemalto N.V.(以下:ジェムアルト、オランダ・アムステルダム、CEO:Olivier Piou)と、IoTのセキュリティ分野で協業することを発表した。

DNPは1980年代から、ICカードのソフトウエア開発や製造・発行および認証サービスなどを手がけており、国内のキャッシュカードやクレジットカード、携帯電話のSIM(Subscriber Identity Module)カードなどで高いシェアを持っている。これらの実績を通じて培った技術やノウハウを活かし、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウエー端末や関連するアプリケーションなどの開発を進めている。
また、ジェムアルトは、金融、政府系、モバイル、交通、M2M(機器間通信)などの幅広い分野において、信頼性と利便性を備えたデジタルセキュリティソリューションを、世界各国の企業や政府とそのユーザーに向けて展開している。

DNPとジェムアルトは、IoTのセキュリティ分野での協業にあたり、ICカード技術をIoT向けに活用したセキュアなIoTプラットフォームを開発する。
同プラットフォームでは、IoT用のデバイスとサーバー間の通信において、インターネットで標準的に利用されているプロトコルであるTLS(Transport Layer Security)※1を用いている。TLSの相互認証に用いる暗号鍵やデジタル証明書を、耐タンパ性の高いSAM(Secure Application Module)※2に格納することで、不正アクセスや改ざんを防止し、より安全にデバイスとサーバー間の相互認証を行うことが可能になる。また、暗号鍵やデジタル証明書、アプリケーション等をセキュアに配信するサービスも行う。同プラットフォームにより、IoT用のデバイスと通信のセキュリティを向上させ、より安心・安全なIoTのエコシステムを実現することが可能となる。
 図 プラットフォームイメージ

今後、両社は、国内外で本プラットフォームを用いた実証実験、標準化活動、および営業活動などを共同で推進していく。


※1 TLS(Transport Layer Security):インターネット上でデータを暗号化して送受信できるトランスポート層のプロトコル。

※2 SAM(Secure Application Module):セキュアICチップに、データ暗号化、認証、機密情報保護等のセキュリティ関連のアプリケーションを搭載したモジュール。

■リンク
DNP
ジェムアルト

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...