[ニュース]

オリックスが八丈島で地熱発電所建設へ、既存発電所を更新し出力向上

2017/03/13
(月)
SmartGridニューズレター編集部

オリックスは、東京都八丈町と「地熱発電利用事業に関する協定」を締結したと発表した。

オリックスは2017年3月9日、東京都八丈町と「地熱発電利用事業に関する協定」を締結したと発表した。八丈島では現在、東京電力が運営している「八丈島地熱発電所」が稼働している。しかし、この発電所は1999年3月に稼働を開始したものであり、近い将来に建て替えが必要になっている。そこで八丈町は地熱発電利用事業の事業者を公募し、応募者からオリックスを選定した。

図 現在稼働中の八丈島地熱発電所

図 現在稼働中の八丈島地熱発電所

出所 資源エネルギー庁

現在稼働している八丈島地熱発電所は、八丈島全体に安定した量の電力を供給し続ける「ベースロード電源」となっている。夏場の冷房が必要な時間など、電力需要が大きくなるときは必要に応じてディーゼル発電機を稼働させて、電力需要に対応している。八丈島地熱発電所の最大出力は3.3MW(3300kW)。資源エネルギー庁の地熱発電に関する研究会によると、地熱発電の設備利用率はだいたい70%だ。単純に計算すると年間に20.2GWh(2万235MWh)の電力を作り出していると考えられる。

オリックスは、八丈島地熱発電所と同じ場所に新たな地熱発電所を建設する。現在の計画では、最大出力約4.4MW(4444kW)の発電設備を設置し、2022年度に運転を開始する予定になっている。この発電所の運転開始に前後して、現在の八丈島地熱発電所は役目を終えて運転終了となる。

オリックスが新規に建設する発電所で発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して、全量を東京電力パワーグリッドに全量を売電し、八丈島全体に供給する予定。ただし、売電契約などの手続きはまだ始まっていないため、売電価格などの条件についてはこれから協議するとしている。


■リンク
オリックス

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...