[ニュース]

アフリカで初のNB-IoT基地局が稼働開始、商用サービス開始も間近ー南アフリカVodacom社

2017/05/16
(火)
SmartGridニューズレター編集部

南アフリカVodacom社は、アフリカでは初となるNB-IoTの基地局の稼働を始めたと発表した。

南アフリカVodacom社は2017年5月11日(現地時間)、アフリカでは初となるNB-IoT(NarrowBand IoT)の基地局の稼働を始めたと発表した。中国Huawei Technologies社の協力を得て基地局を稼働させたが、Vodacom社によれば既存の4G基地局のソフトウェアアップデートでNB-IoTの通信機能を付加することに成功したという。この基地局はVodacom社の本社があるヨハネスブルグ市のデータセンターの屋根に設置してあるという。

Vodacom社のNB-IoT技術は、携帯電話と同じく900MHz帯の電波を使用し、3rd Generation Partnership Project(3GPP)が2017年2月に追加した最新仕様も取り込んでいるという。Vodacom社は、2016年11月にケープタウンであったイベント「AfricaCom」で、NB-IoTのサービスを主要大都市圏で開始すると予告していた。

Vodacom社のCTO(Chief Technology Officer)であるAndries Delport氏は、「当社のNB-IoTネットワークは既存の基地局ネットワークを活用して展開できるだろう。そして、ほとんどの基地局はソフトウェアアップデートだけでNB-IoTに対応できると見ている。つまり、極めて短期間で広範囲をカバーするネットワークを構成できるということだ」と、今後の見通しについて語った。

図 Vodacom社のCTOであるAndries Delport氏

図 Vodacom社のCTOであるAndries Delport氏

出所 南アフリカVodacom社

Delport氏の発言を受けてVodacom社は、NB-IoTの商用サービス開始に向けた準備は現在進行中で、間もなく商用サービス提供を始められるだろうと大まかな予定を示した。

また、今回設置した基地局は、Vodacom本社キャンパスで、水道メーターの通信に利用するという。使用水量を正確に計測できるだけでなく、使用水量のリアルタイム計測、水漏れの検知にも利用できるという。

日本の大手携帯電話事業者も、2017年中に携帯電話の電波を利用した「セルラー系LPWA」のサービス開始を目指して、開発と実証実験を続けているが、はっきりとサービス提供開始時期を明言した事業者はまだない。日本でも一刻も早くセルラー系LPWAのサービスを受けられるようになることを期待したい。


■リンク
南アフリカVodacom社

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...