[トピックス]

経産省、2015年内にスマートメーターのセキュリティガイドラインの策定へ

2015/08/01
(土)
SmartGridニューズレター編集部

 2015年7月10日、経済産業省は、「スマートメーター制度検討会セキュリティ検討ワーキンググループ」(2015年2月から開催)において、報告書を取りまとめ公表した。

 報告書では、「通信機能をもったスマートメーターが導入されることにより、

  1. 遠隔での検針値(指示値、計器ID)の収集(およびそれによって収集された情報の提供)、
  2. 遠隔での開閉機能やアンペアブレーカー設定の制御、

といった事業環境の変化が生じるが、これらの事業環境の変化を受けても、スマートメーターシステムが直面する脅威などに応じて、事業者は現時点で想定される最低限のサービスレベルを維持すべき」としている。設定されたサービスレベルは、表の通り。

 

 これらのサービスレベルを維持できるよう、2015年12月を目途に統一的なガイドラインを策定し、これと並行して2015年度内に各事業者においてセキュリティ対策の検証を行う。2016年4月1日から始まる電力小売全面自由化を目前にして、急ピッチで整備が進められている。

表 事業者が維持すべきサービスレベル

表 事業者が維持すべきサービスレベル

〔出所 「スマートメーター制度検討会セキュリティ検討ワーキンググループ」報告書、http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150710001/20150710001-2.pdf

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...