[トピックス]

経済産業省が「エネルギー革新戦略」を発表

2016/05/09
(月)

 経済産業省は、2015年7月に策定したエネルギーミックス(長期エネルギー需給見通し注1)で、(1)徹底した省エネ(石油危機後並みの35%効率改善)、(2)再エネルギー最大導入(現状から倍増)など、先進的な目標を設定し公表した注1。これを実現するには、市場任せではない総合的な政策措置が不可欠とし、関連制度の一体的整備を行うため、このほどIoTを活用したエネルギー産業の革新などを含む「エネルギー革新戦略」注2を策定し、2016年4月19日に発表した(表)。

表 「エネルギー革新戦略」のポイント

表 「エネルギー革新戦略」のポイント

出所 http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160419002/20160419002.pdf

 この「エネルギー革新戦略」を通じて、エネルギー投資を促し、エネルギー効率を大きく改善させ、「強い経済」と「CO2抑制」の両立を実現していく。なお、本戦略の実行によって、2030年度には、省エネや再エネなどのエネルギー関連投資28兆円、うち水素関連1兆円の効果が期待されている。


注1 http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/mitoshi/pdf/report_01.pdf

注2 http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160419002/20160419002.pdf
http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160419002/20160419002-1.pdf
http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160419002/20160419002-2.pdf

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...