[トピックス]

日本の風力発電設備・導入実績は311万kW、2,102基へ(2016年3月末時点)

2016/09/01
(木)
SmartGridニューズレター編集部

 NEDOは、2016年8月18日、日本における最新の風力発電設備・導入実績を公表(2016年3月末時点)した(注1)。これによると、図に示すように風力発電の総設備容量は、前年度比6%増の約311万kW、総設置基数は同3%増の2,102基と、大型火力発電3基分の設備容量となった。

図 日本の風力発電設備・導入実績(2016年3月末時点)

図 日本の風力発電設備・導入実績(2016年3月末時点)

出所 http://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/state/1-01.html 〔参考資料:日本における風力発電設備・導入実績(2016年3月末現在) 都道府県別導入事例

 今回の調査は、単機出力10kW以上かつ総出力20kW以上の系統連系されているすべての風力発電設備を調査対象として行われた。また、2015年度単年度では、設置基数86基、設備容量で約18万kWの風力発電設備が導入された。

 一方、世界風力会議(GWEC:Global Wind Energy Council)が2016年に発行した“GLOBAL WIND REPORT 2015 - ANNUAL MARKET UPDATE”によると、2015年の世界の風力発電の設備容量は、2014年の36万9,597MWから43万2,883MWに増加注2し、その割合は、2014年比で17.1%(6万3,178MW)であり、過去10年(2006〜2015年)における各年の増加割合の平均である22.3%よりも低い値となった。


注1 http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100618.htmlhttp://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/pdf/09_pref_dounyuu_ryou_sort.pdf

注2 http://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/world/1-01.html

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...