[特集]

VPP(仮想発電所)とは何か? 海外動向とビジネス展開の可能性— 前編 —

2016/08/03
(水)
SmartGridニューズレター編集部

VPP(仮想発電所)については、すでに海外では実用化され導入が進んでいるが、日本においても、2015年6月に閣議決定された「日本再興戦略 改訂2015」注1で、VPPの取り組みが明記され、2016年4月のエネルギー革新戦略注2においてさらに具体的に促進していくことが明記された。また、2016(平成28)年度バーチャルパワープラント構築事業費補助金補助事業注3では、29.5億円(新規)が予算化され、去る5月19日から公募が開始され、同実証事業のうち、すでに「高度制御型ディマンドリスポンス実証事業」に関する間接補助事業者の公募結果について、19件(テーマ)が採択されている注4。このような国の政策と連動するように、先進的な企業ではさまざまな形でVPPへの取り組みが開始されている。
本特集では、VPPの定義、概念を整理した後、具体的なビジネスの可能性について、海外事例を交えながら、前後編で解説していく。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...