[特別レポート]

急浮上する電動車(EV・PHV)の調整力と3つの協調領域

― 再エネ・VPP時代に新ビジネスチャンスが到来 ―【JSCA主催「次世代自動車-インフラ設備インターフェースの国際標準化に関するワークショップ」】
2016/09/01
(木)
SmartGridニューズレター編集部

COP21パリ協定注1を踏まえた、地球温暖化対策をはじめとする環境・エネルギー面の課題解決に向けて、エネルギーを供給する発電側では、太陽光や風力発電などの再生可能エネルギー(以下、再エネ)が急速に普及し、需要側では例えば運輸部門において次世代自動車(電動車注2)が急速に普及し始めている。
2016年7月26日、JSCA主催「次世代自動車-インフラ設備インターフェースの国際標準化に関するワークショップ」(以下、ワークショップ)が開催された。同ワークショップでは、再エネの増大とVPP時代を迎えて、系統電力の安定化に向けた電動車(EV・PHV)の「調整力」に着目し、そのリファレンス(参照)アーキテクチャを策定し、業界が協力して実現する「3つの協調領域」が明らかにされた。これにより、新ビジネス創出の可能性が拓けてきた。
本記事は、同ワークショップのうち、(株)三菱総合研究所 環境エネルギー本部スマートエネルギー戦略グループ 主席研究員 志村 雄一郎(しむら ゆういちろう)氏の講演を中心に解説する。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...