[イベント]

《第1回エネルギーシステムシンポジウムレポート》

スマートグリッド運営の現実的課題と解決策に迫る実践的な講演群
2014/09/01
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2014 年7 月4 日、名古屋大学において、「第1 回エネルギーシステムシンポジウム」が開催された(主催:名古屋大学 エコトピア科学研究所、協賛:電気学会東海支部、IEEE Nagoya Section)。同シンポジウムは、「持続可能な社会のためのエネルギーシステム」をテーマとして開催され、再生可能エネルギーの発電予測やデマンドレスポンスの課題、スマート社会における雷からの保護システムなど、今後、スマートグリッドを実際に運営していくうえでの現実的な課題に対して、多角的な視点から講演が行われた。ここでは、同シンポジウムについてレポートする。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...