[[創刊4周年記念:特集2]台頭するIoT時代の次世代無線通信規格LPWAの全貌[前編]ー 「低価格」「省電力」「長距離通信」3つの壁を突き破るイノベーション ー]

IoT時代を迎えた無線通信規格のパラダイムシフト

2016/11/10
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

本格的なM2M/IoT時代となる2020年には、250〜500億個ものデバイスが無線ネットワークに接続される。大量なデバイス同士がIoT通信を行うには、「通信コストや通信モジュールが低価格」「省電力型(電池寿命が長い)」「通信距離が長い(カバレッジが広い)」などが要求される。今、次世代無線通信規格「LPWA」(省電力型広域無線網)はこれに対応し急速に普及しつつある。特集2では、LPWAの全貌と最新動向について、エリクソン・ジャパン CTOの藤岡 雅宣氏への取材をもとにレポートする。

関連記事
新刊情報
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...
1990年代後半から韓国、中国、台湾、インドなどのアジア勢の急速な台頭によって、日米欧の製造業における国際的な競争力は相対的に低下し、袋小路に入ってきている。このため、国際的に急速に普及してきた、モノ...