[[創刊4周年記念:特集2]台頭するIoT時代の次世代無線通信規格LPWAの全貌[前編]ー 「低価格」「省電力」「長距離通信」3つの壁を突き破るイノベーション ー]

IoT時代を迎えた無線通信規格のパラダイムシフト

2016/11/10
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

本格的なM2M/IoT時代となる2020年には、250〜500億個ものデバイスが無線ネットワークに接続される。大量なデバイス同士がIoT通信を行うには、「通信コストや通信モジュールが低価格」「省電力型(電池寿命が長い)」「通信距離が長い(カバレッジが広い)」などが要求される。今、次世代無線通信規格「LPWA」(省電力型広域無線網)はこれに対応し急速に普及しつつある。特集2では、LPWAの全貌と最新動向について、エリクソン・ジャパン CTOの藤岡 雅宣氏への取材をもとにレポートする。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...