[スペシャルインタビュー]

スマートシティはビジネスでなければならない

亜細亜大学 都市創造学部 都市創造学科 教授 岡村 久和氏に聞く!
2017/04/10
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

国際的にスマートシティ・ビジネスが活況を呈している。亜細亜大学 都市創造学部 都市創造学科 教授 岡村 久和氏は、「スマートシティはビジネスでなければならない」という哲学を信念として、国際的に活躍されている。
このほど岡村氏は、「世界で最もスマートシティに影響力のある50名」(注1)に選ばれ、2017年2月18日、インドのムンバイ市でその受賞記念講演が行われた。
そこで、岡村氏に、スマートシティ・ビジネスの国際的な動向とともに、ビジネスにおけるアンマッチの問題、開発途上国や新興国、先進国のスマートシティへのアプローチの違いやスマートシティ化と犯罪との関係、さらに日本のスマートシティ・ビジネスと海外での展開などについてお聞きした。

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...