[特集]

IoT/GoTで実現するトランザクティブ・エネルギーとは?

― ブロックチェーンが拓く取引可能なエネルギーの時代へ ―
2017/05/11
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

国際的に再生可能エネルギー(以下、再エネ)の導入が活発化し、日本でも2030年度には総発電電力量のうち、再エネを22〜24%導入する計画が推進されている。FIT(固定価格買取制度)の導入によって普及してきた再エネも、2017年4月から施行された「改正FIT法」と2019年のFIT切れによって、自分で発電した電力は電力系統に売るよりも自分で消費したほうが得する時代(ポストFIT時代)を迎えようとしている。一方、変動電源である再エネの拡大は、電力系統への影響もあるところから、その解決に向けた動きも活発である。
トランザクティブ・エネルギー(TE:Transactive Energy)とは、このような背景の中で、IoT/GoT(Grid of Things)によって、消費者側に散在する分散電源をブロックチェーンで連携させ、電力会社などと電気を取引(売買)するだけでなく、同時に、隣の消費者同士が互いに電気を融通(取引)する「取引可能エネルギー」のことである。
ここでは、電力中央研究所 エネルギーイノベーション創発センター副研究参事 浅野 浩志(あさの ひろし)氏の講演(注1)をベースに、TEについて解説する。

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...