[ニュース]

京セラ、リチウムイオン蓄電システム「マルチDCリンクタイプ」と「大容量タイプ」を販売開始

2015/02/24
(火)
SmartGridニューズレター編集部

京セラ株式会社(以下:京セラ、京都市伏見区、代表取締役社長:山口 悟郎)は、2015年2月24日、国内住宅用リチウムイオン蓄電システムにおいて、充電効率の向上と設置スペース・コストの削減を実現した「マルチDCリンクタイプ」と、蓄電容量12kWhを備えた「大容量タイプ」の2機種を製品化し、2015年6月以降、順次販売開始すると発表した。

受注と販売は、京セラの太陽光発電システム国内販売会社である株式会社京セラソーラーコーポレーション(以下:京セラソーラーコーポレーション、京都市伏見区、代表取締役社長:後藤 政治)が担う。

タイプ名称 マルチDC リンクタイプ
型式 EGS-ML0721
蓄電容量 7.2kWh
質量 200kg
外形寸法 幅1100×高さ985×奥行295mm
希望小売価格 3,000,000円(税抜)
発売日 2015年8月31日(月)

 

タイプ名称 大容量タイプ
型式 EGS-LM1201
蓄電容量 12.0kWh
質量 230kg
外形寸法 幅1060×高さ1250×奥行300mm
希望小売価格 3,700,000円(税抜)
発売日 2015年6月1日(月)

■リンク
京セラ
京セラソーラーコーポレーション

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...