[ニュース]

Amazonが建設中の大規模風力発電所にGEが発電設備を納入、合計出力は253MWで年間発電量は1TWh規模に

2017/03/08
(水)
SmartGridニューズレター編集部

GE Renewable Energyの社長兼CEOはAmazonがアメリカのテキサス州に建設中の大規模風力発電所に、風力発電設備を納入することを明らかにした。

GE Renewable Energyの社長兼CEOであるJérôme Pécresse氏はAmazonがアメリカのテキサス州に建設中の大規模風力発電所「Amazon Wind Farm Texas」に、風力発電設備を納入することを明らかにした。Amazonは再生可能エネルギーの開発に積極的に取り組んでおり、3月2日には、物流センターの屋上に太陽光発電システムを設置する計画を明らかにしたほか(関連記事)、インディアナ州、ノースカロライナ州、オハイオ州で風力発電所を運営している。

GE Renewable EnergyはAmazon Wind Farm Texasに、出力2.3MWの風力発電設備を110基納入する。合計の最大出力は253MWになり、年間発電量はおよそ1TWh(約1000MWh:約100万MWh)に達する。これは一般世帯の年間電力消費に換算するとおよそ9万世帯分になる。

図 建設中のAmazon Wind Farm Texas

図 建設中のAmazon Wind Farm Texas

出所 GE Renewable Energy

Amazon Wind Farm Texasは2017年内の運転開始を目指して建設中だ。発電した電力の9割はAmazonの物流センサーで消費する予定。Amazonはほかにも5カ所で大規模太陽光発電所を、1カ所で大規模風力発電所を建設する予定を明らかにしており、2017年末までには年間360万MWhを発電できる態勢ができる。GE Renewable Energyは風力発電について「6年前に比べて発電コストが1/3に下がった」とし、旧来の火力や原子力による発電所と比べても十分なコスト競争力があるとしている。

アメリカ・エネルギー情報局(Energy Information Administration:EIA)は、連邦政府税や助成金を除いた陸上型風力発電のコストが2020年までに1MWh当たり73.6ドルまで低下すると予測している。タービンの技術が進化すればさらに下がるという。一方、安価な燃料の代表格である石炭を利用した発電コストは現在、1MW当たり75.2ドル。再生可能エネルギーに活用は地球環境保護だけでなく、企業のコスト削減施策の1つになりつつあると言えるだろう。


■リンク
GE Renewable Energy

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...