[ニュース]

双日、青森県六ケ所村で51MWのメガソーラーの運転を開始

2017/05/12
(金)
SmartGridニューズレター編集部

双日は、青森県に建設中だったメガソーラー「上北六ヶ所太陽光発電所」が竣工し、商業運転を開始したと発表した。

双日は2017年5月11日、青森県に建設中だった大規模太陽光発電所(メガソーラー)「上北六ヶ所太陽光発電所」が竣工し、商業運転を開始したと発表した。この太陽光発電所の事業は双日が100%出資している子会社「未来創電上北六ヶ所株式会社」が担当している。発電所の施工は富士電機が担当した。

図 「上北六ヶ所太陽光発電所」の全景

図 「上北六ヶ所太陽光発電所」の全景

出所 双日

発電所の所在地は青森県上北郡六ヶ所村尾駮上弥栄(おぶちかみいやさか)。新むつ小川原株式会社がエネルギー関連産業の集積地として開発している「むつ小川原開発地区」の一部だ。この土地を新むつ小川原株式会社から賃借して事業を展開する。

図 「上北六ヶ所太陽光発電所」の所在地。下北半島の根元のあたりだ

図 「上北六ヶ所太陽光発電所」の所在地。下北半島の根元のあたりだ

出所 双日

敷地面積はおよそ143.4ha(143万4049m2)。この敷地に韓国LG Electronics社の太陽光発電モジュールを26万3172枚並べる。設置した太陽光発電モジュールの出力を合計するとおよそ71MW(7万1000kW)となる。パワーコンディショナーを通して電力を変換すると出力はおよそ51MW(5万1000kW)になる。

双日は上北六ヶ所太陽光発電所の年間発電量を、一般世帯の年間電力消費量にしておよそ1万3000世帯分としている。資源エネルギー庁が試算した一般世帯の年間電力消費量は、3600kWh。この値を当てはめると、上北六ヶ所太陽光発電所の年間発電量はおよそ46.8GWh(4680万kWh)となる。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して全量を東北電力に売電する。売電単価は1kWh当たり40円(税別)。

双日にとって上北六ヶ所太陽光発電所は日本国内で手掛ける太陽光発電所としては5件目となり、モジュール出力を合計するとおよそ122.4MW(12万2400kW)となる。今後は国内外のメガソーラーに限らず、再生可能エネルギーの拡大に積極的に取り組むとしている。


■リンク
双日

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...