[ニュース]

Volvo CarsとAutolivがNVIDIAと提携、2021年にレベル4の自動運転車発売を目指す

2017/06/29
(木)
SmartGridニューズレター編集部

Volvo CarsとAutoliv社は、自動運転技術の開発に向けてNVIDIAと提携すると発表した。

スウェーデンVolvo Car社(Volvo Cars)と同じくスウェーデンのAutoliv社は2017年6月27日(現地時間)、自動運転技術の開発に向けてNVIDIAと提携すると発表した。Autoliv社は安全運転支援システムなどを開発販売している企業で、Volvo Carsと共同で自動運転車「Volvo XC90 Drive Me」を開発しており、2017年中にイェーテボリに住む一般市民に車両を貸し出し、公道で実証実験を開始する計画を立てている。

図 「Volvo XC90 Drive Me」の試作車

図 「Volvo XC90 Drive Me」の試作車

出所 Volvo Car社

また両社は共同出資で自動運転のソフトウェアを開発するZenuity社をスウェーデンに設立している。Volvo Cars、Autolive社、Zenuity社の3社共同で自動運転技術の開発に取り組み、Volvo Carsはレベル4の自動運転車を2021年までに発売するとしている。

Volvo Carsなど3社は自動運転のソフトウェアを動作させる環境としてNVIDIAが自動運転車向けに開発したコンピュータ「DRIVE PX」を選んだ。DRIVE PXはNVIDIAが2015年1月に発表したもので、2016年1月には後継となる「DRIVE PX 2」を発表している。DRIVE PX 2は、NVIDIAが開発した64ビットARMアーキテクチャのプロセサコアと、NVIDIAの「Pascal」アーキテクチャのGPU(Graphics Processing Unit)を統合したSoC(System on Chip)を搭載している。このSoCは深層学習の演算を1秒間に24兆回実行する能力を持っているという。このコンピュータの上で、車載カメラなどのセンサー情報を処理して自動車を制御する深層学習などのソフトウェアを3社で開発する。

図 NVIDIAの自動運転車向けコンピュータ「DRIVE PX 2」

図 NVIDIAの自動運転車向けコンピュータ「DRIVE PX 2」

出所 NVIDIA

先述の自動運転車の試作車「Volvo XC90 Drive Me」はすでにNVIDIAのDRIVE PX 2を搭載している(NVIDIAが2016年1月に発表)。改めて提携を結んだということは、今後登場する新世代のDRIVE PXシリーズを基にソフトウェアの開発を進めると考えられる。

Zenuity社は自動運転車向けのソフトウェアを開発してVolvo Carsに提供する。同時にAutoliv社はそのソフトウェアを自社の販路を通してほかのメーカーに販売する計画を立てている。


■リンク
Volvo Car社
Autolive社
Zenuity社
NVIDIA

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...