[M2M/IoT向けサブGHz版Wi-Fi規格「IEEE 802.11ah」と市場展望]

IEEE802.11ahとは何か? IEEE 802.11ahの標準化状況

M2M/IoT向けサブGHz版Wi-Fi規格「IEEE 802.11ah」と市場展望 第1回
2015/04/01
(水)
大澤 智喜 株式会社ブリッド 代表取締役社長/インプレスSmartGridニューズレター コントリビューティングエディター

スマートグリッド、M2M/IoT時代を迎え、米国電気電子学会(IEEE)において、900MHz(サブGHz)帯域で運用できる新しい無線LANの国際規格「IEEE 802.11ah」(いわゆるWi-Fiグループ)の検討が、2016年3月の完了を目指して、急ピッチで進められている。
ここでは、既存のWi-SUNアライアンスのWi-SUNや、ZigBeeアライアンスのZigBeeIPなどのサブGHz帯無線技術(日本では920MHz帯)などと比較しながら、IEEE 802.11ahに関する標準化動向や、今後の市場展望をレポートする。

関連記事
新刊情報
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...
1990年代後半から韓国、中国、台湾、インドなどのアジア勢の急速な台頭によって、日米欧の製造業における国際的な競争力は相対的に低下し、袋小路に入ってきている。このため、国際的に急速に普及してきた、モノ...