[トピックス]

小売電気事業者、まず40社決まる

2015/10/30
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2015年10月8日、経済産業省は、2016年4月1日から始まる電力小売全面自由化に先立ち、2015年8月3日から受け付けている小売電気事業者(以下、小売事業者)の事前登録に関する申請について、40社の小売事業者を登録したと発表した。

 2015年10月8日、経済産業省は、2016年4月1日から始まる電力小売全面自由化に先立ち、2015年8月3日から受け付けている小売電気事業者(以下、小売事業者)の事前登録に関する申請について、40社の小売事業者を登録したと発表した注1

 小売事業者として初めて登録されたのは、イーレックス(株)、昭和シェル石油(株)、(株)ケイ・オプティコム、静岡ガス&パワー(株)など、電力やガス、通信の多様な産業からの顔ぶれ。

 小売事業者の登録に際しては、電気事業法等の一部を改正する法律(2014年6月成立、第2弾の改正)第1条の規定による改正電気事業法 第66条の10 第1項の規定によって、電力取引監視等委員会に対して意見を聴かなければならない注2

 さらに、2015年10月23日に開催された第10回電力取引監視等委員会では、新たに(株)アップルツリー、伊藤忠エネクス(株)、大阪瓦斯(株)、新エネルギー開発(株)、大和エネルギー(株)、(株)デベロップ、(株)日本エナジーバンク、(株)V-Powerの8事業者が登録審査を通過したことが発表され注3、今後、経済産業大臣の検討を経て、小売事業者として登録される。

 2015年10月22日時点で、95件の小売電気事業等の登録申請が行われている。審査を経て順次小売事業者として登録されることになるが、各社とも具体的な料金も含むサービスプランは出ておらず、今後その行方が注目される〔本誌特集パート5(pp.26〜31)に関連記事〕。


▼ 注1
http://www.meti.go.jp/press/2015/10/20151008002/20151008002.htmlhttp://www.emsc.meti.go.jp/activity/

▼ 注2
電気事業法と第1弾〜第3弾の改正については、本誌特集パート1を参照。法律の条文と詳しい改正内容については、http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S39/S39HO170.htmlを参照。

▼ 注3
http://www.emsc.meti.go.jp/activity/emsc/pdf/010_03_01.pdf

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...