[特集]

ガスの小売全面自由化に向けて動き出したガス業界

― ガスエネルギーの新・市場規模は2.4兆円へ ―
2016/10/13
(木)
SmartGridニューズレター編集部

ガスの小売全面自由化の開始に先立って、ガス小売事業の登録申請の受付が開始され、いよいよ全面自由化への道が加速しようとしている。政府の「エネルギー基本計画」を背景に、第3弾の改正電気事業法が施行され、電力・ガス両システムの一体的な制度改革による総合エネルギー市場の創出が、現実のものになろうとしている。2.4兆円のビジネス機会を捉えるのは誰か。
ここでは、ガスの自由化に向けた4度にわたる制度改革を見ながら、ガス産業について紹介する。さらに、ガス会社が保有する発電設備の動向とともに、2018年から一般家庭に設置が予定されているガススマートメーターの実証実験についても解説す

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...