[ニュース]

日本アジアグループ、静岡県富士市に「富士市西部浄化センター太陽光発電所」を竣工

2015/03/27
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2015年3月27日、日本アジアグループ株式会社(以下:日本アジアグループ、東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:山下 哲生)および、同社傘下にある 国際ランド&ディベロップメント株式会社(以下:国際L&D、東京都千代田区、代表取締役社長:金丸 直幹)は、静岡県富士市において建設中の県下最大級のルーフトップ型太陽光発電所「富士市西部浄化センター太陽光発電所」を完成させ、3月26日に開所式を行ったことを発表した。

同発電所は、富士市が公募した「富士市終末処理場屋根貸し太陽光発電事業」において、国際L&Dとソーラーパワーネットワーク株式会社(以下:SPN社、東京都千代田区、CEO兼社長:ピーター・グッドマン)の共同事業体が採択を受けたもので、富士市西部浄化センターのルーフトップ(屋根)に太陽光発電設備を設置して売電事業を行う。同事業において、国際L&Dは、EPC(設計・調達・工事)およびO&M(運営管理)業務を担当する。

               竣工した「富士市西部浄化センター太陽光発電所」

同発電所は出力約1.2MWの規模(年間発電量は一般家庭の約310世帯に相当)を有した県下最大級のルーフトップ型太陽光発電所であることに加え、建設場所である浄化センターが津波避難ビルに指定されていることから、災害時の停電の際には非常用電源として利用できるよう、直接電力を供給するための設備を備えていることに特徴がある。

国際L&DとSPN社の共同事業体は、さらに「富士市東部浄化センター太陽光発電所」(出力約1.0MW)の開発・運営業者として特定され、開発を進めており、将来的に両発電施設で合計約2.2MWの発電を予定している。

各発電所の概要は下記のとおり。

「富士市西部浄化センター太陽光発電所」概要

所在地 静岡県富士市宮島1260番地
富士市西部浄化センター 水処理棟屋上
事業者 Solar Power Network
国際ランド&ディベロップメント共同企業合同会社
事業面積 約8,827m2
想定出力 約1.2MW
パネル種類 多結晶
パネル枚数 4,752枚
パネルメーカー ハンファ社製
稼動開始 平成27年3月

 

「富士市東部浄化センター太陽光発電所」計画概要

所在地 静岡県富士市富士岡南260番地‐1
富士市東部浄化センター 水処理棟屋上
事業者 Solar Power Network
国際ランド&ディベロップメント共同企業合同会社
事業計画面積 約7,757m2
想定出力 約1.0MW
パネル種類 多結晶
パネル枚数 4,298枚
パネルメーカー ハンファ社製
稼動開始 平成27年度内予定

■リンク
日本アジアグループ
国際L&D

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...