[ニュース]

ハンファQセルズジャパン、屋内据付け型6.4kWhハイブリッド蓄電池ユニットの販売を開始

2015/10/27
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2015年10月27日、ハンファQセルズジャパン株式会社(以下:Qセルズ、東京都港区、代表取締役社長:キム・ジョンソ)は、同社住宅用太陽光発電システムと加え、住宅用ハイブリッド蓄電システムを商品ラインナップに追加し、販売を開始したことを発表した。

同商品は、オムロン株式会社(以下:オムロン)の製品で、1台のパワーコンディショナ(以下:パワコン)で太陽電池モジュールの発電電力と、蓄電池ユニットの充放電の電力を合わせて変換/制御することができるシステムである。
 写真 システム外観イメージ

従来、太陽光発電システムに蓄電池を併設した場合、太陽光発電用のパワコンに加え、蓄電池用にも直流/交流の変換を行うパワコンを必要とした。同製品は発電電力を直流のまま蓄電し、1台に発電・蓄電の両方の機能を備えたハイブリッド仕様となる。直流のまま蓄電するため、通常でも変換ロスが抑制されるとともに、電力系統の電圧上昇による売電量抑制時でも、電力の無駄を省くことができる。
同時に設置されるするリチウム蓄電池ユニット(6.4kWh)は、一般住宅の室内に据え付けるのに違和感の無いサイズ・デザインとし、ユーザーの利用方法に合せた「経済モード」「安心モード」など、各種モード※1を用意する。また10年以上の寿命※2も見込まれる。


※1 モード例:「経済モード」昼間は太陽光発電から、朝夕は蓄電池から電気を使って電気料金を節約。「安心モード」万一の停電に備えて蓄電池の残量を確保。

※2 充放電寿命、製品保証期間10年容量60%以上。(Qセルズ発表値)

■リンク
Qセルズ

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...