[ニュース]

中部電力、「ソニーのLPWA」を活用して業務効率向上を目指す実証実験へ

2017/05/10
(水)
SmartGridニューズレター編集部

中部電力は、同社エリア内の電柱や同社保有の建物にLPWA受信機を設置し、業務効率向上を目指す実証実験を実施すると発表した。

中部電力は2017年5月9日、同社エリア内の電柱や同社保有の建物にLPWA(Low Power, Wide Area)無線通信の受信機を設置し、業務効率向上を目指す実証実験を実施すると発表した。実験は2017年夏ごろに開始する予定。

実験で使用するLPWA技術は、ソニーとソニーセミコンダクタソリューションズが4月27日に発表した、独自のLPWA技術(参考記事)。中部電力はソニー独自のLPWA技術について、移動中の通信に強く、長距離通信が可能という点を評価している。

実験では、点検や顧客サービスに回る従業員にGPS(Global Positioning System)機能が付いたLPWA送信機を持たせる。さらに、従業員が巡回に使う車両にもLPWA送信機を搭載する。LPWA送信機が送り出す位置情報を電柱などに取付けた受信機で受信し、中部電力が運営するクラウドに送信、蓄積する。

図 中部電力が企画している実証実験の概要

図 中部電力が企画している実証実験の概要

出所 中部電力

中部電力は蓄積したデータ位置情報を地図に重ねて表示するアプリケーションを開発し、業務効率の向上や安全管理業務にLPWAを応用できる可能性を探る。中部電力は業務効率向上はもちろん、山間部など人が入りにくい場所の巡視や安全管理、送配電設備の監視などに応用できると期待している。

中部電力は、2017年夏ごろの実験開始前に愛知県豊田市内にLPWAネットワークを構築する。さらに、自社で実証実験を実施するだけでなく、中部電力が構築したLPWAネットワークを活用したサービスの検証も検討している。そのために中部電力はサービスを企画する、あるいはすでにサービスのアイデアを持っているパートナー企業を募集する。パートナー企業と共同で実証実験を進めて、LPWAネットワークを活用した新たなサービスの可能性を探る。


■リンク
中部電力

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...