[ニュース]

岩谷産業、仙台市に東北地方初の水素ステーションを建設

2016/04/07
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2016年4月7日、岩谷産業株式会社(以下:岩谷産業、東京都港区、代表取締役社長:野村 雅男)は、東北地方初となる「イワタニ水素ステーション 仙台」の建設を決定し、宮城県庁において、建設に係る協定締結式を実施したことを発表した。

同水素ステーションは液化水素によるオフサイト供給方式を採用し、燃料となる水素は千葉県市原市にある岩谷瓦斯株式会社 千葉工場の液化水素製造プラントからローリーにて輸送される。
 図 参考イメージ

岩谷産業では2014年7月以降、主として四大都市圏を中心に商用水素ステーションの整備を進めてみている。今後は、今回と同様に、自治体や地域の有力企業などと共同で整備を進め、これまで「点」であったステーション整備を「線」につなげてゆくことで、FCVの早期普及および利用者の利便性向上に貢献しいく。

「イワタニ水素ステーション 仙台」の概要

名称 イワタニ水素ステーション 仙台
所在地 宮城県仙台市宮城野区幸町4丁目7-1
敷地面積 約1,400m2(予定)
水素供給 液化水素オフサイト供給
供給能力 燃料電池自動車:300Nm3/h(1時間当たりFCV6台の満充填が可能)
充填圧力 70MPa(メガパスカル)(約700気圧)
設備構成 液化水素貯槽、ドイツ・Linde社製水素圧縮機、蓄圧設備、ディスペンサーなど

 


■リンク
岩谷産業

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...