[ニュース]

Faraday Future社が「FF 91」でヒルクライムレースに出走、EVとしては最速タイムを記録

2017/06/29
(木)
SmartGridニューズレター編集部

アメリカFaraday Future社は、「The Pikes Peak International Hill Climb」に出走し、市販を前提としたEVとしては過去最速のタイムを記録したと発表した。

アメリカの電気自動車(EV)ベンチャーのFaraday Future社は2017年6月26日(現地時間)、コロラド州で開催されたヒルクライムレース「The Pikes Peak International Hill Climb」に出走し、市販を前提としたEVとしては過去最速のタイムを記録したと発表した。Faraday Future社は6月初旬に開発中のEV「FF 91」の試作車でこのレースに出場することを明らかにしていた(参考記事)。

図 The Pikes Peak International Hill Climbのコースを走る「FF 91」

図 The Pikes Peak International Hill Climbのコースを走る「FF 91」

出所 Faraday Future社

同社の主席エンジニアであるRobin Shute氏の運転でレースに出走した結果、11分25秒083というタイムで完走した。市販を前提にしたEVとしては過去最速の記録だ。それまでの市販EVの最速記録は2016年にTesla Model S P90Dが記録した11分48秒264。FF 91はこの記録を20秒以上更新したことになる。

ドライバーを務めたShute氏は「FF 91に私たちが想定している以上の能力を発揮させることを考えて運転した」と語った。さらに「このレースを走ったことで、蓄電池のリレー部分やシステムの密閉構造に改善の余地があると市販開始前に気付くことができた」としている。

そして、Faraday Future社の副社長で駆動機構と蓄電池を担当するPete Savagian氏は「新記録を樹立できたことはもちろんうれしいし誇りに思っている。しかし私たちは1回限りのレースで性能を発揮することではなく、何度も何度も同じ性能を発揮することが重要だと考えている。例えばこのレースなら、トラブル無しに何回でも頂上に駆け上がれるようにしなければ」と今後の品質改善に意欲を見せている。

Faraday Future社は今後、FF 91の試走と改良を重ねて、2018年に一般販売を始める予定だ。


■リンク
Faraday Future社

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...